セローのならし運転をかねて伊豆国へ

まもなく,初回点検の時期になるセローですが,慣らし運転をかねておとなりの伊豆国へお散歩ツーリングです。
まずは,伊豆国の四宮である廣瀬神社に向かいます。
e0257931_05545290.jpg
到着。廣瀬神社は楽寿園という庭園の中に移動させられていています。
楽寿園正門の前に駐輪場があるのでそこにバイクもとめられます。
楽寿園は入園料300円とられます。おかねはらわないと参詣できない神社ははじめてですね。
e0257931_05580497.jpg
さて入園です。
e0257931_06004509.jpg
案内図をみてみますが……廣瀬神社がありません。どこにあるんだろう?とりあえずさまよってみます。
e0257931_06014583.jpg
楽寿園は小松宮彰仁親王の別荘としてつくられた庭園です。小浜池のほとりに楽寿館という数寄屋造りの建物があってこれが目玉文化財になります。内部を見学することができますが,時間がきまっていてツアー形式だったので,今回はみおくりました……というか,ブーツを脱ぐのがめんどくさかっただけですが。
またそのうち来ます。
小浜池はやや渇水状態です。湧き水の池なので富士山の地下水の水位の影響を受けるそうです。ごつごつとした溶岩でおおわれています。
e0257931_06074329.jpg
庭園内は溶岩だらけです。さすが三島です。
で,廣瀬神社はどこに……。
e0257931_06083020.jpg
メリーゴーランドです。
e0257931_06094691.jpg
小動物園です。
e0257931_06101771.jpg
レッサーパンダです。このレッサーパンダは立ちません。一匹だけでちょっとかわいそうですが,他の動物園のレッサーパンダが出張してきてカップリングなんかしてるみたいです。
e0257931_06115173.jpg
アルパカです。つば攻撃に注意です。
e0257931_06122445.jpg
菊の展示即売会です。
家族連れでお散歩にはいいところかもしれません。
e0257931_06131055.jpg
箱根の関所をくぐると……。
e0257931_06135052.jpg
小田原城がみえてきました。菊の花で彩られています。なんかちょっとパラダイス感があります。
e0257931_06144055.jpg
餃子祭りです。静岡各地の餃子が販売されていました。大行列でとても買える状況ではないです。食べたかったです。
まぁ,園内の売店で三島名物の三島コロッケ食べたので良しとします。
e0257931_06164965.jpg
SLもあります。子供用のミニSLも園内をはしってました。
さて,ここまできても廣瀬神社にであえません。
e0257931_06174979.jpg
園内の三島郷土資料館で聞いてみます。郷土資料館では地元の偉人である江川太郎左衛門の特別展をやってました。資料館の外には石仏や,古墳から出土した石棺が並べられてます。
で,廣瀬神社ですが……郷土資料館の人もぴんとこないらしく,どうやら案内図の「みや島」というところにあるらしいとのことでした。御朱印についても聞いてみましたがないそうです。
小浜池の中にある,みや島に向かいます。
e0257931_06225386.jpg
渇水状態の小浜池の上にかかる橋をわたって「なかの島」にわたって……。
e0257931_06235218.jpg
さらにみや島へとわたります。
e0257931_06241748.jpg
ありました。参詣完了です。むこうには楽寿館がみえます。
さて,楽寿園のすぐちかくに伊豆国のもと三宮にしてその後昇格して二宮になったという浅間神社が存在します。目にはいってしまったのでついでに足をのばしまてみましょう。
e0257931_06303983.jpg
e0257931_06305511.jpg
手前にみえるのが浅間神社の拝殿です。同じ敷地内に芝岡神社があります。奥にみえるのがそれです。
e0257931_06321686.jpg
拝殿と本殿とは完全にくっついてます。
e0257931_06325813.jpg
農祖神です。精巧な神像がありました。
境内の中はごつごつとした溶岩だらけです。
e0257931_06350221.jpg
由緒書は賽銭箱のわきの箱に入ってます。
で,御朱印はいただけるのでしょうか?
e0257931_06355307.jpg
社務所はしまってます。
ふと,この社務所をぐるりとたどってみると……。
e0257931_06364512.jpg
社務所の裏側はお店になってます。で,お店のかたにきいてみました。御朱印はないそうです。社務所も建て替えを検討しているそうで,昨今の御朱印ブームにあわせて御朱印をつくろうか?という話もでているそうです。
さて,浅間神社が二宮に昇格した際に一説には楊原神社が現在の三宮になったそうなので,そのうちそちらにもいかなくてはいけないですね。今日はもう帰ります。

セローすこぶる快調です。ですが,やはりブロックタイヤからくる独特の振動が慣れません。オンロードタイヤに交換しようかな……。





[PR]
# by nokerax | 2017-11-26 06:40 | X宮 | Comments(0)

駿河国征服完了

やっとひまになったところで,久しぶりに神社巡りです。
今回はバトルホッパーの慣らし運転をかねて駿河国へ出動です。駿河国最終回になります。
まずは,駿河国二宮の豊積神社です。バトルホッパーで到着。
e0257931_08020955.jpg
バイクをとめることころがないので(正確にいうと平らなところがない),となりのお寺の駐車場にとめてしまいました。ごめんなさい。
e0257931_08041052.jpg
拝殿です。
御朱印は……。
e0257931_08045479.jpg
賽銭箱にご案内が……。書き置きです。
e0257931_08053158.jpg
こんな感じです。月日の部分は自分で書いてくれということです。なんか悲しいです。
e0257931_08070723.jpg
拝殿の後ろに本殿がありますが,完全に拝殿と分離されてます。普通にお参りできます。拝殿いらないじゃん。
さらに本殿の後ろには参道が続きます。
e0257931_08083796.jpg
不思議な入れ子式の神社です。これは白髭神社への参道です。
e0257931_08092272.jpg
しかし,さらにその背後には……。
e0257931_08095929.jpg
天然記念物の樟(くす)がありました。さすがにその後ろには……道路です。
マトリョーシュカのような神社です。
御朱印は仕方がないので御朱印帳に糊付けしました。
e0257931_08121805.jpg
さて,駿河国の神社最後になります。駿河国の総社,神部神社に向かいます。
e0257931_08132675.jpg
到着。神社のホームページには,バイクをどうしたらいいか書いてありませんが,普通に駐輪場がありました。
さて,神部神社は,他の6つの神社と同じ敷地内に集められていまして,7つの神社が総称されて静岡浅間神社とされています。
e0257931_08203572.jpg
静岡浅間神社七社参りと称して,スタンプラリーみたいなものが行われています。
e0257931_08214264.jpg
こんな感じです。台紙は社務所にあります。では,七社参りをしましょう。
e0257931_08225769.jpg
まずは,大歳御祖神社です。
e0257931_08240977.jpg
そして麓山神社です。結構な急な石段を登っていくことになります。結構大変です。
e0257931_08250447.jpg
拝殿です。その脇にはなにやら道が続いています。
e0257931_08254620.jpg
のぼってみましょう。
e0257931_08261408.jpg
どうやらハイキングコースのようです。展望台まできてみました。
e0257931_08282410.jpg
富士山がみえますね。
e0257931_08284607.jpg
次に八千戈神社,そして……。
e0257931_08292553.jpg
玉鉾神社,そして……。
e0257931_08294976.jpg
少彦名神社……は現在建て替え中でした。
いよいよ,メインの神部神社と浅間神社です。
e0257931_08311237.jpg
看板はこの両神社の名が掲げられていますね。
e0257931_08314814.jpg
拝殿です。二社が同居しています。
e0257931_08324958.jpg
賽銭箱がならんでます。
e0257931_08331216.jpg
本殿がちらりと見えますがこれも二社でシェアしてます。
e0257931_08341258.jpg
七社参り終了。スタンプは何か,はげしく摩滅していてうまくおせませんでした。
e0257931_08351284.jpg
休憩所にはガンプラが(どれも偽ですが)。「プラモデルは静岡の地場産業です」。山田長政ののった船の模型も展示されています。いずれも奉納物だそうです。腕におぼえのあるかたは是非,奉納してみてください。
そのうちプラモデル神社になっていくかもしれませんね。
さて,神部神社のオリジナル御朱印帳はなく,静岡浅間神社としてオリジナル御朱印帳が用意されています。七社の御朱印も全てあります。この企画の目的からすると,ほしいのは神部神社だけなのですが,どうしよう,神部神社の御朱印だけもらって帰ろうか……いっそのことすべてもらってかえろうか……。と悩んだあげく,もらわないで後悔するより,もらって後悔するほうがいいと思い,御朱印帳を購入して御朱印全部もらってきました。
e0257931_08435884.jpg
e0257931_08440562.jpg
シャープのスマホでとった写真,なんかオートフォーカスが甘いです。めんどくさいので撮影しなおししません。脳内補正をお願いします。
e0257931_08450654.jpg
e0257931_08452661.jpg
e0257931_08453499.jpg
最後の四枚は書き置きです。日付だけいれてもらうことになります。静岡,書き置き好きですね。
これで駿河国終了です。

セローのインプレッションです。
やっぱり,高速はつらいです。というよりこわいです。トップケースのせいか,パニアケースのせいなのか,80km越えるとふらふらします。しょうがないので,70kmでたらたら東名高速を走りましたが,ホイールバランスをとるか,ステアリングダンパーをつけるかしないとツーリング仕様になりそうにないですね。
パワービームはあくまでエンジンの振動をおさえるためのもので,その効果はよく感じられました。

追記
どうも,パニアケースにカメラをいれていたために車体のバランスがとれていないようでした。
パニアケースを空にして再度,高速走行をためしてみましたが,軽く100km安定走行できました。
ですが,オフロードタイヤの独特の路面への反応が,ふらつき感に感じてしまいます。
まずは,パニアケースには軽いものをいれることですね。
オンロードタイヤをはけば,もっと安心感がますかも……って最初からモタードにしとけばよかったじゃないかと思ったりもします。



[PR]
# by nokerax | 2017-11-04 08:49 | X宮 | Comments(0)

バトルホッパー購入

サイクロン号は大事にのってます。
泥はねがやなので,雨がふったら絶対乗りません。雨上がりにも乗りません。
そうなると,ロングツーリングにもいけませんね……。
乗車姿勢にしても,積載性についても,ロングツーリング向けではないですし。
で,スーパーツーリングマシーンがほしいと思い,一念発起でサブマシーン購入です。
条件は,Vツインとは一味変えて,空冷シングルとしました。昔,SRX250にのってたので,空冷シングルに久しぶりにのりたいなと思ってのことです。さらに,大きな条件として,国産で!
そうなると,候補はエストレヤ・ST250・セローにほぼ絞られてきます。
で,いままでずっとオンロードマシンにしかのったことがないので,オフロードマシンでいくことにしました。
そして購入したのがこれです。
e0257931_05185861.jpg
ツーリングセローです!
生産中止ということで駆け込み購入になりました。ギリギリセーフでした。
スーパーツーリングマシーンということで,トップケース(GIVI B47)とパニアケース(GIVI E22)を最初からつけてしまいました。E22は汎用SB2000にてマウントしていますが,セローにあったボルトやカラーが必要になります。
トップケースに脚がひっかかって乗りにくいです……。ステップに足をかけてのりこむ感じです。
さらに,サイクロン号にも装着したKYPLAZAの謎のカーナビを装着し,日本無線のETC2.0を取り付けました。ETC2.0の本体は,セローの場合,取り付け箇所がありません。書類入れの中に設置する人が多いようですが,この書類入れ,あけしめに工具が必要です。そこで,パニアケース内に設置しました。コードを通す穴あけやコーキングが必要になります。
そして効果があるかわかりませんが,高速走行を安定させるために純正パワービームをつけてあります。
色は気分をかえてオレンジでいきました。(青系はありませんので……)
ということで,赤いバトルホッパーと名付けました(どちらかというとオートバジンですが……平成は認めませんので……)。
後ろにはサイクロン号がちらりとみえてます。

さすがに250cc,非力感がありますが,久々の空冷シングルマシンは楽しいです。乗車姿勢もほとんど直立姿勢,こんな姿勢でのるバイクははじめての経験ですが操作性も申し分なくこれならどこまででものっていけそうです。
身長171cmの私ですが,ぎりぎり両足べたつきです。悲しいバレリーナ姿は避けられました。
とりまわしも,まるで自転車です。サイクロン号とは大違い。

久々にどこか,遠くへいきたくなりました。

[PR]
# by nokerax | 2017-10-26 05:37 | セロー | Comments(0)

KYPLAZAなぞのカーナビをスマートに装着

KYPLAZAのなぞのカーナビ,ちょっと使ってみましたが,少し変な案内をするとかありますが,許容範囲です。
十二分に使えそうです。
不満があるとすれば,なぜか起動画面がカワサキで,OSがWindowsCE6.0だということくらい。
防水カーナビで最も安いと思えば及第点でしょう。
で,スマートに装着させる工夫をします。
クレードルの日よけカバーがとにかく邪魔です。幸い,このカーナビは電源コネクター部分がクレードルからはずせます。そこでこんなふうにしてみました。
e0257931_12543661.jpg
サインハウスAパーツと電源コネクターを強力ボンドでベタッとはりつけてしまいました。電源コネクタがずれないように注意しましょう。ずれたままくっついてしまったら文鎮になってしまいます。
Aパーツの右上だけ,ネジ止めしてありますが,このネジ穴はクレードルと完全固定するためのネジ穴です。クレードルから固定用ネジを力任せにはずして,そのへんにころがっていたプラスチックのワッシャーをかまして,万が一ボンドがはがれてしまったときの脱落防止用です。このカーナビ,ストラップ穴がないので,万が一の脱落が怖いです。
で,赤射!……じゃなくて蒸着!
e0257931_13015506.jpg
e0257931_13021625.jpg
みごとスクリーンの中に収まりました。

[PR]
# by nokerax | 2017-10-09 13:02 | SV400S | Comments(0)

Clear Alternatives クリアテールレンズ発見!入手!そしてカーナビ変更……

さて,GZYFのクリアーLEDテールライトは,案の定,7月につかなくなってしまいました。
およそ9ヶ月の命でした。
ブレーキを踏むとつくのですが,それ以外は全く点灯しません。
どうやら,LED基盤のどこかしらが接触不良になっているようです。
所詮,made in Chinaでした……。
で,しばらく赤い純正のテールライトに戻していました……。
で,あるとき,さりげなくe-Bayで物色していたら……あるじゃないですか!Clear AlternativesのクリアレンズのLEDテールライトが!
検索してでてきた商品名はただ,”SV 650 TL 1000 LED CLEAR Taillight Tail Signal Light”とあるだけで,しかも写真もなんか光ってますって写真があるだけだったので,どうせ,またレンズとライトユニット一体の中国メーカー商品だとおもっていたら,何気なく商品詳細をみてみると,”Manufacturer: Clear Alternatives”の文字が!
ODAXさんのうそつき!って,もしかしたらアメリカにはまだ在庫がのこっていたというだけなのかもしれません。
で,早速,輸入です。アメリカからは実に時間がかかります。2週間近くかかりました……。で,到着しました。
e0257931_21333568.jpg
レンズとLEDユニットがバラバラでありますように……。

e0257931_21340947.jpg
正解です!バラバラでした!LEDユニットは中国メーカーのものと同様ウィンカー付きです。とりあえず必要なのはレンズだけなので,From Neighbor製のLEDユニットを使うとして,Clear AlternativesのLEDユニットはとっときます。この基盤はFrom Neighbor製のものと違い,裏側の基盤はむき出しの状態です。あまり寿命は長そうではないですね。やはり信頼できるのはmade in Japanです。
さっそく装着。まずは,純正赤レンズをはずします。
e0257931_21390510.jpg
From Neighborのユニットはミラー加工がしてあって裏の基盤は防水加工がされています。
では蒸着!……いや,装着!
e0257931_21404617.jpg
これで思い残すことはありません!本当に完成です!……といいたいところではありますが,今回は,もうひとトピックあります。
sonyのカーナビがなぜがタッチパネルが反応しなくなってしまいました。
最初は,上1/5くらいが反応しなくなり,やがて下1/5くらいが反応しなくなり……そしてとうとう全画面が反応しなくなってしまいました。なぜ???
仕方がないので,バイク用ナビを買うことにしました。
サインハウスのAパーツに適合しているカーナビを探したところ,定番のX-RIDEのRM-XR432MCが適合する最新のカーナビらしい。サインハウスのAパーツを購入し,そしてカーナビも購入してみましたが……このカーナビ,全く衛星をつかみません。
曇りのときには30分以上衛星をつかみません。
これは,すなわち,スイッチ入れたら30分以上,出発を待ちましょうということ?
見知らぬ土地では,すぐに衛星つかんでくれないと使いものにならないですよ。
いまどき,どんなちんけなスマートフォンでも,一瞬で衛星つかむのに……なんだこれは……!
で,アール・ダブリュー・シーにどういうこと?とメールで問い合わせてみると

大変恐縮ですが取扱説明書のP3に記載の通り「受信には数分~30分以上の時間がかかる場合があります。」ので故障では無く、仕様であるため、今以上の感度にはなりません。

という返事が来ました。
う~ん,なんだこのメーカー……。
仕方なく,KYPLAZAのメーカー・型番不明のなぞのカーナビを購入し直しました。(Amazonでの商品名は「バイク用ナビ 5.0型 タッチパネル 最新 データ搭載 るるぶ 3年間 地図 更新無料 防水 ポータブル Bluetooth MicroSD 日(D003B)」 です。)
とどいてみると,なんとRM-XR432MCとまったくマウントパーツのネジ穴位置が同じなので,サインハウスのRM-XR432MC用Aパーツにそのままつくことが判明,しかもアダプターも同じものでした。謎は深まります……。
で,KYPLAZAの謎のカーナビを装着してみました。衛星のつかみはオッケーです!
e0257931_21560712.jpg
この角度だと普通に見えますが……。
e0257931_21564515.jpg
なんかスクリーンからの出っ張り感がスマートさをそこないます。
なんとかしたいなぁ……。

つづく。

[PR]
# by nokerax | 2017-10-07 22:03 | SV400S | Comments(0)